カテゴリー

■もしも日本が「目には目を」のハムラビ法典下だったら その2 歯科ブログ

西荻窪、入れ歯専門のいとう歯科医院、伊藤高史です。

■答えは「まだ途中」

私の父がよく言っていた言葉があります。

「治療っていうのは患者さんが来た時よりも良くなって帰ってくれれば、それでいいんだよ。それだけなんだよ」
祖父の代から変わらない当院の保険治療は入れ歯1つ300万円などという大作ではありません。

1回の治療時間は長くてもせいぜい数十分です。
そうした患者さんに負担のかからない短い診療時間で入れ歯を修理していくので再び壊れることもあります。
新しく入れ歯を作っても装着後に痛くなることもあります。

それは果たして失敗なのでしょうか。

そうではありません。

答えは「まだ途中」です。
壊れたら修理ができます。
痛ければ調整ができます。
調整すれば痛みはおさまります。

当院でおこなっている治療とは「患者さんが来た時よりも良くなって帰る」これだけなのです。

次の不具合が起こるかも知れないので「入れ歯治療」とは入れ歯を作って終わりではありません。
入れ歯を新しく作ったとしても「まだ途中」です。

当院には、こうして祖父の代から30年以上も通ってくださる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

もし歯科医が保険治療ではなく、自費で300万円という入れ歯を作ったとしたら大変だろうということは容易に想像できます。

入れ歯と引き換えにアラブの王様から油田を受け取ってしまったようなものです。
仮にそういう契約をしたとすれば、完璧な治療が求められるのは当然です。

失敗したら当然打ち首です。
神にでもならない限り「完璧な治療」はありえない話です。

・入れ歯を作ったけど痛みが取れない
・違和感が強くて入れていられない
・前の入れ歯よりも咬めないなど……。

当医院でも、今まで使っていた入れ歯のほうが具合が良くて、新しく作った入れ歯は使っていないという患者さんがいらっしゃいます。

結局新しい入れ歯の使用は断念して、古い入れ歯をメンテナンスしながら、その後何年も続けているという例はいくつもあります。

保険治療なら新しい入れ歯を作っても金額の負担は最大1万円ほどです。

今回作った新しい入れ歯があまり調子よく使えなかったとしても、保険治療のルールが適応されるので半年経てば必要ならまた新しく作る再チャレンジすることが可能です。

もし自費治療で300万円の義歯が使えなかったら「半年後に来院してください。また自費治療で300万円の入れ歯を新しく作りましょう」とは私には言えません。

300万円の入れ歯も保険治療の入れ歯も本当に使えるかどうかは、完成品を口の中に入れるまで神ではない自分には「分からない」と答えることしかできません。

もし仮に私が保険治療ではなく高額な自費治療でアラブの王様の入れ歯を作ったとしたら、油田をもらえたかもしれませんが、翌週、首をはねられていたという最悪の結末しか思い浮かびません。

当院ではアラブの王様でもご近所の患者さんでも、いきなり高額治療をすすめたりせず、最初は保険治療をすすめます。

そしてアラブの王様から「この治療は失敗か、それとも成功か」と聞かれたとしたら「まだ途中です」と答えます。

保険治療なら義歯を装着した後で、義歯調整という治療をすることが認められています。

治療はまだ途中です。
だから首は何とかつながります。

そのかわり保険治療は金額が決まっています。
なので、油田をもらうことはできません。

治療後に改めて来院してもらうことになるかもしれませんが、治療をするたびに

・治療前より良くなって帰ってもらう
・目の前の現実に命がけで向き合い、よりよい状態を実現する

いとう歯科医院はそこに全力を尽くしています。

アラビアンナイトのシェヘラザードも一夜一夜が命がけだったと思います。
毎晩、次のストーリーを必死に考えていたことでしょう。
おそらく油田をもらった後のことを考えるヒマなどなかったはずです。

歯科医も同じです。

治療の結果、しかめっ面で来院された患者さんが、治療を終えて「良くなりました」とニコニコと笑顔で帰っていただければ油田はいりません。

患者さんの笑顔は油田などよりもずっと価値のある贈り物だと思っているからです。