カテゴリー

2018.09症例2 180万円かかると他院で言われたのを保険適用で4万円で治療した症例

歯の根が5本残っているので、かぶせものを作りました。それから根がない所に入れ歯を入れました。かぶせものを5本作るのは治療の回数と時間がかかりますが入れ歯を小さくすることができます。
価格は歯の位置や材質で変わりますが、3割負担の保険治療なら1本6~8千円ほど。入れ歯はひとつ6千円~1万円くらいです。Iさんの場合、治療期間は約3ヶ月。金額は総額4万円ほどでできました。
「いや~本当に助かりました」治療を終えたIさんに笑顔が戻りました。
今回行なったIさんのかぶせもの5本と入れ歯治療は保険適用で約4万円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院の伊藤高史です。2018.09症例2 180万円かかると他院で言われたのを保険適用で4万円で治療した症例
保険で入れ歯修理


カテゴリー

2018.09症例1 180万円かかると他院で言われたのを保険適用で4万円で治療した症例

「近所の歯医者で治療にすごい金額がかかると言われまして」そう言って入ってこられた50代男性のIさん。
診察すると多くの歯が欠けています。
「治療費はいくらかかると言われたのですか?」「180万円です」
保険治療ではなく、すべて自己負担となる自由診療だと治療費はそのくらいかかります。歯科医が180万円の治療を勧めるのを否定はしませんが、まずは保険治療で歯の形を回復してからの話と個人的には思います。

多くの歯が欠けていると食事や発音に不自由を感じ、見た目にも表れてきます。日常生活や健康に影響するので放置せず早期に回復させることが必要です。生きていくために必要な治療は保険治療でできます。

いとう歯科医院の伊藤高史です。2018.09症例1 180万円かかると他院で言われたのを保険適用で4万円で治療した症例
いれば 金額 値段


カテゴリー

2018.08症例2歯が折れて噛めないと言う方に入れ歯を入れた症例

 完成した入れ歯をつけてもらうと、「これならしっかり咬めます」と嬉しそうにおっしゃいました。もし入れ歯が不要な人ならば、この時点ですぐに違和感や拒否感を訴えます。
 
 歯科治療は機械的に歯並びを揃えれば良いわけではありません。他院を批判するつもりはありませんが、大きすぎる入れ歯を作られてしまって入れていられない、使えないというトラブルの症例を目にすることがあります。
 
 当院で数多く行なう入れ歯治療において、とくに「患者さんの話を聞く」大切さを日々実感しています。
今回行なったMさんの入れ歯を作る治療は保険適用で約3,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

西荻窪いとう歯科医院の伊藤高史です。
2018.08症例2歯が折れて噛めないと言う方に入れ歯を入れた症例


カテゴリー

2018.08症例1歯が折れて噛めないと言う方に入れ歯を入れた症例

「歯が折れてしまって全く噛めないんです」80代女性のMさんは奥歯が折れていました。手前の歯は健在です。
 奥歯が必要かどうかは、実は患者さんの感じ方によって決まるという曖昧な物です。
 奥歯がなくても見た目や食事に支障なく過ごしている人はたくさんいて、無理に入れ歯を作っても使えないことがあります。
 
 Mさんは「噛めない」という明確な悩みをお持ちでした。そのような場合は入れ歯が必要です。今回は奥歯2本分の小さな入れ歯なので型を採ってから2回ほどの来院で治療できます。

いとう歯科医院の伊藤高史です。
2018.08症例1歯が折れて噛めないと言う方に入れ歯を入れた症例


カテゴリー

2018.07 グラグラしている歯を抜かずに、入れ歯の改善で安定を図った症例2

 そこで歯は抜かず、入れ歯の改善で対応することにしました。ティッシュコンディショナーという歯科専用の義歯安定材を薄く貼って入れ歯と歯グキの適合を改善します。入れ歯を歯グキにフィットさせることで歯の揺れを最小限に抑えることを期待しました。

「これなら噛めそうです」これで様子を見ることにしました。揺れている歯はいつか自然に抜けるかも知れません。腐骨の可能性はありますが大学病院との連携も行なっています。

 それに抜けても大丈夫です。当院なら入れ歯を修理して歯の形を回復するこ とが簡単にできます。
「それなら安心です」とYさんは笑顔で帰られました。
今回行なったYさんの入れ歯に安定剤を貼る治療は保険適用で約1,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。


カテゴリー

2018.07 グラグラしている歯を抜かずに、入れ歯の改善で安定を図った症例1

「噛めないんです」と言って入っていらしたYさん(90代女性)の口の中を見てすぐに分かりました。
 部分入れ歯のバネを支えている歯がグラグラ揺れているからです。噛むたびに歯が揺れてしまうため、入れ歯がずれて噛む力が入らないのです。
 歯を抜くことも考えましたがYさんには抜けない理由がありました。
 骨粗しょう症の薬を飲んでいるため無理に歯を抜くと顎骨が腐る腐骨と呼ばれる副作用があらわれます。設備が整っている大学病院でしか治療できない、やっかいな症状です。


カテゴリー

2018.06症例2 入れ歯の尖った部分を研磨して使いやすくしました

入れ歯の機能に問題がなければ必要最低限のことだけして余計なことはしない。「治療」と称して、かえって入れ歯の機能を壊してしまわないように当院では気をつけています。

今回は欠けて尖った部分を削って10分ほど研磨するとツヤが出てきました。「あっ、これは滑らかです」
Tさんは「そろそろ作り替えた方がいいの?」と尋ねられましたが、いやいや、まだまだずっと使えます。

今回行なったTさんの入れ歯を研磨する治療は保険適用で約1,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

ほけん 修理


カテゴリー

2018.06症例1 入れ歯の尖った部分を研磨して使いやすくしました

5年ぶりに来院されたTさん(90歳・女性)がそっと差し出した手のひらには1センチほどのかけらが乗っていました。私の祖父が作った入れ歯の一部です。今でもメンテナンスをしながら使い続けています。

欠けた入れ歯の尖った部分に舌が触って気になっていました。ささいなことと思われるかも知れませんがあまり良いことではありません。
気にしているうちに舌を傷つけてしまったり。変な口の動かし方をして、復元した入れ歯が合わなくなったりするからです。

今回は口を開けても入れ歯は外れません。欠けた部分は気になりますが、肉も野菜もご飯も食事は今まで通りにできるようです。「最近は杖をつくようになったけど散歩が楽しみでね」と会話もしっかりしています。

いれば 専門


カテゴリー

2018.05症例2 ティッシュコンディショナーを貼って入れ歯を安定させた症例

歯科専用の安定剤(ティッシュコンディショナー)を貼ることで歯グキと入れ歯を密着させることができます。
Mさんの入れ歯に、厚さは1ミリもないくらいのティッシュコンディショナーを薄く貼りつけて口の中に装着。

「あ、これは吸い付く感じがします」
使ったのはほんのわずかな量ですが変化がハッキリ分かります。
このティッシュコンディショナーは父の代から使い慣れている材料です。「なんとなく入れ歯がゆるいかも」と感じたら、不自由さを我慢せずに来院されることをお勧めします。

今回行なったMさんのティッシュコンディショナーを貼る治療は保険適用で約1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。

ほけん しゅうり


カテゴリー

2018.05症例1 ティッシュコンディショナーを貼って入れ歯を安定させた症例

「なんとなく入れ歯がゆるいかも」
Mさんは80代女性の方です。

表現はハッキリしませんが口の中の症状はハッキリしていました。少し口を開けようとしただけで上の総入れ歯がカタンと落ちる。下の総入れ歯もフワーッと浮き上がってきます。
Mさんは2年ぶりの来院です。随分長い間、歯グキと入れ歯が合っていない状態で使い続けていたようです。

これでは話をするのも食事をするのも苦労するはず。年月が経つと不自由さも慣れてしまうのかも知れませんが歯科医師の立場としては、もったいないなと思います。
なぜなら、こうした不具合は簡単に治せるからです。

修理 値段 いれば